• 白ロムは買取りに出すと良い

    新しく携帯を買い換えた場合に、古くなった携帯はそのまま取っておくケースが多いです。

    白ロムの買取の分かりやすい情報はこちらのサイトです。

    古い携帯はデータが入っているのですが、そのままの状態でほとんど触ることがなくなる場合が多いので、なるべく早く買取をしてもらうと良いです。



    携帯電話にはSIMカードと呼ばれるものが入っていて、その中には電話番号や所有者の情報が書かれています。SIMカードは取り外しができて、契約者がない携帯電話のことを白ロムと言っていて、白ロムは自由に売買ができて、比較的新しいものや人気がある機種の場合には高値で売買されて、二年程度使用している場合には値段も高い状態を保っています。
    携帯電話の白ロムを買取ってもらうには、専門のリサイクルショップに持ち込むことや、インターネットを通じて売却する方法もあります。

    身近にショップがない場合には、インターネットを利用して買取りをしてもらいましょう。


    買取りをしてもらうのは簡単なのですが、本人確認のための書類が必要になるので、事前に用意をしておくと良いです。インターネットを使う場合には、事前に自分の持っている端末の型番など調べておくと、すぐにどの程度の金額になるかも把握ができて、買取りをしてもらうのにもスムーズです。査定や見積もりなどは無料でできて、値段に納得できなければ断っても構わないので、複数のショップに持って行って一番高い値段を提示したところで売りましょう。



    事前に持っている端末の備品を集めておくことや、見た目の状態を綺麗にしておくと査定も上がります。

  • ITの知っておきたい常識

    • 携帯電話を機種変更した後に残った端末は、SIMカードを抜いた状態ならば同じ通信キャリアのSIMカードを挿入することで、利用可能となります。携帯電話端末からSIMカードを抜いた状態は、白ロムと呼ばれていて端末本体購入時に一括払いをしているか、残債が無くなっている状態ならば買取に出すことも可能です。...

  • ITのよく解る情報

    • 携帯電話には白ロムと呼ばれる商品があります。これは回線契約を行っていないものであって、電話番号が登録されていないスマートフォンやタブレットです。...

  • ITのテクニック

    • 中古の携帯電話やスマートフォンの買取店で白ロムという言葉が出てきます。白ロムとは、契約者等の情報が入っているSIMカードが抜かれた状態の携帯電話やスマートフォンのことを指します。...

  • これからのIT

    • iPhoneはデザインや機能が優れている為愛好家が多くいます。液晶画面はガラスよりは強いものの、他社製品に比べると柔らかい素材です。...